スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ DSLite / DSi / DSiLL に関して~(以下Lite、i、LL)

今日はメモ的な意味もこめて任天堂から発売されているニンテンドーDSについて見当してみます。
まぁどの種類も現物は現在のところ所持していないのですがね(笑)
以前はLite、iを持っていました。売っちゃったけど。

さて、今回また新たにDSを購入しようと思ってます。
そこで、どうせ買うならよく考えてからにしようと思い、ざっと調べてみました。
調べたのは主に私が使用する際に考慮したいジャンルのみですが。


まずは本体の重さ

これはiが一番軽く約214gなんですが、Liteもこれより4g程度重いということです。
一方で画面の大きさが売り?のLLですが、こちらは約314g。約100g増です。
100gの違いというのは実際に持ってみないことにはわかりかねますが、
長時間使用すると腕が疲れそうですね。


次に電池継続時間

最高輝度の場合
・Lite 約5~8時間
・i  約3~4時間
・LL 約4~5時間
となっており、画面の一番小さなLiteが一番ですね。
私の場合は屋外で利用することがあまりないので輝度をうまく調整すればiでも大丈夫そうです。


ここでLiteとi、LLの決定的な違いですが、ひとことで言って、
GBAカードリッジorSDカードリッジだと思います、重要なのは。
カメラや音楽プレイヤーを使って遊びたい方はこの時点でLite購入はありえませんね。
私は上ふたつの機能は別にあってもなくても差し支えないので問題ありません。
かといってGBAカードリッジを使用するかと言われると、これもおそらく使用しません^^


デザインですが、その質量の示すとおりLLはゴツイというのが第一印象でした。
あと本体画像を見た限りでは、iのように本体表面のヌルヌル感が無くなっているように思います。
テカテカのLiteと同じように、表面はツルツルです。


さて、ここまでなんだかんだ書いてきましたが、これらは全部公式を見ればわかります(笑)
量販店で購入する場合、入手が容易なのはi、LLでしょう。Liteは中古ショップでしか見かけなくなりました。
私の使用スタイルとしてはLiteに固執する必要はないと判断したので、Lite購入はないです。
i以降ならネットでタイトル購入もできるようだし、SDスロットは後々使うかもしれないですし。
もしこれから先、屋外で使用する機会が増えれば改めてLite購入を検討したいですが・・・。
いよいよ二択です。LLはその重量ゆえに疲れそうです。
前にも書いたように、実際に持ってみないとわかりませんが・・・。
そういった意味ではiを購入ということになるんですが・・・・・・
実際私は本体を持ち上げてプレイすることが稀です(笑)
テーブルやら何やらの上に置いて、指先でポチポチと操作します、たぶん。
アクションものはそうもいかないでしょうが、私は集中が切れやすいので長時間プレイはノーです。
というかゲームは一日一時間!らしいので、まあやりすぎ防止にもなるかと(笑)
視野角の拡大と若干ながらiよりも電池継続時間が長いという点でもLLは魅力ですね。

というわけで、今回はLLを購入しようと思います。
画面の拡大によるドットの荒さが多少気にならんこともないですが・・・。


最後にまとめを

・Lite・・・画面は多少小さいが電池継続時間はトップ。
・i  ・・・Liteよりも若干画面が大きくなったものの、その分電池継続時間は短い。
・LL ・・・iをそのまま拡大したように感じるが、電池継続時間はiよりも長い。

こんな感じですかね、私が気になったのは。
次回何か書くとすれば「ポケモンは結局どのタイトルを選ぶか」あたりですか。
ぶっちゃけ今回のDS購入動機はポケモンがやりたかっただけです(笑)
PSPのように動画も再生できればもっと利用の幅が広がるんでしょうけどね。
そんなこと言い出したらキリがないですし、今回はこの辺で。

※あくまでも個人の意見なので、その辺はよろしくお願いします。

公式:http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiLL/index.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Turbo

Author:Turbo
▼△▼△▼△▼
  今月の目標
▽▲▽▲▽▲▽
楽しい事見つける

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。